色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

エッジボイスの出し方と練習方法&簡単にできる2つのコツ

「エッジボイス」とは、
声帯を閉じた状態で発声する方法
です。

このエッジボイスをすることで、

   無理なく高い声が出せるようになる。
   響く声が出せる
   雑音をなくせる
   リラックスした状態で声を出すことができる。
などの利点がありますが、
間違ったやり方をしてしまうと
喉を痛めてしまう恐れがあります。


本来は、
赤ちゃんの泣き声、笑い声が原型で、
もともとは誰もが持っている声です。


最初に動画で
エッジボイスをされているのを観た時は
びっくりしました。

まるでホラー!?何か間違えた?
と思いました。

どの動画をみても
なんだか怖いあの映画のような声を出しています。
なにこれ?
こわーい!!


さて、
エッジボイスのやり方やコツ
まとめて紹介します。
スポンサードリンク

●エッジボイスの出し方

利点はわかりましたが、
本当にこれで高い声が出たり、雑音がなくなる?

雑音そのものにも聞こえますけど…
にわかには信じられないかもしれませんね。



「声帯の閉鎖」がポイント
です。

声帯の閉鎖ができていないと
息漏れした声になってしまいます。


普段声を出す時に
声帯が閉まってるとか隙間があるとか…

普通の人は意識したことないですよね。



エッジボイスのメリット

どうしても高い声はかすれる
という人に
このエッジボイスをオススメです。


かすれてしまう声
つまり、声帯閉鎖が
ちゃんとできてなかった人が、

このエッジボイスをすることにより、
声帯を鍛えて、
ちゃんと閉鎖できるようになれる!

つまり、
高い声になっても、
かすれない声を出せる
というわけですね。


どうすればその
こわーい声のエッジボイスができるか…
説明します。



①声帯を閉める

とりあえず口を開けて「あ」の口

息を止めて、
ゆっくり「あっ、あっ、あっ…」

でも…
これはエッジボイスではないですよ。まだ…



②息を吸いながら声を出す

そして
最初は息を吸いながら
声を出して
みてください。

え!と思われたでしょうか。
息を吸いながらでも声って出るんです。

しかも、
吸いながら声を出そうとすると
腹筋を使います。



基本的に息を吸うときは
声帯が開いた状態です。

声を出そうとすると声帯が閉じます。


意識して閉める感じにします。
開くと良い声もでますけど…
閉めると、こわーい声になっていきます。


でもまだエッジボイスではないですよね?

こわーい声になりましたか?
そのまま息を吐いて続けます。


いきなり吐いてではできなかったのですが、
多くの場合
最初に吸いながら声を出せば、
そのままいつの間にか出せます。


出す、といっても
ほとんど息を止めている感じです。



③母音を発声してみよう

こわーい声が出るようになって、
声帯閉鎖が感覚的にわかったら、
その音で、母音を
「あえいうえおあお」とか発声してみてください。


私の場合、
しばらく休むと、いきなりこわーい声が
また出なくなりました。

最初の「あ」だけ吸いながら、
あとは吐きながら出すとできました。



声帯閉鎖がきちんとできれば、
息漏れのない響く声が出せます。

リラックスしないと
エッジボイスにはならないってことです。

スポンサードリンク

私の体験談

私の場合は、何度かするうちに
いきなりこわーい声が
出せるようになってきました。

一瞬でも吸いながら声を出して
すぐ吐くようにできました。

すぐに出せない、という人は
まだ声帯閉鎖の感覚がつかめていない
です。


喉は開けて、
奥の方にある声帯からは
無駄な息を漏らさない!って感じです。

それにしても、自分でやってても怖いですよ(笑)
そこは覚悟(?)してください。


真剣なんですけど、
周りに誰かがいたら練習できませんね。

私の場合
子どもの前でしたら、笑われてしまいました(笑)

ふざけてるとしか聞こえないようです。




●エッジボイスのコツと応用

まずはコツを話します。


休みながらやる

さっきも少し休むと、
やり方が分からなくなるリスクはありますが、

なるべくマスターするまでは、
喉の奥を閉める感覚を取り戻しつつ、
最初は吸いながら声を出すようにすれば
出せるようになります。



基本ができるまではコンをつめないで、
休みながらしたほうが、
くり返しやり方を思い出すことができ、

すぐに出せるようになってきます。

スポンサードリンク

応用:歌の前にやってみよう

応用で、
このエッジボイスを歌にも使っている方がいます。


歌のはじめに
この声を少しだけ出してから普通に歌う。


そうすると、
より高音が綺麗に出る人もいます。

ぜひエッジボイスができるようになったら
一度チャレンジしてみて欲しいです。




●まとめ

ボイストレーニングの「エッジボイス」
 高い声が出せる
 雑音が無くなる

などの利点があり、知る人ぞ知る技です。


はじめて聞いた人は
びっくりすると思いますが、
歌とは違いまるでホラーの効果音のような声?
って感じの声が出ます。

声帯の閉鎖ができるようになる
トレーニングなのです。


息を吸いながら「あ、あ、」
喉の奥を閉めるように「あー」
息を漏らさないように「あー」
吸ってた息を出しながら「あー…」


こわーい声が出るようになるまでは、
少しかかります。

でも多くの場合
何度もやるうちに出せるようになります。


声帯の閉鎖がコントロールできることで、
かすれてしまう高い音などもきれいに響かせて
歌うことができるようになるというわけですね。

スポンサードリンク

 - コーラス