色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

ビブラートの出し方、簡単な練習法を紹介

「ビブラート」って聞いたことはある?
どうする事かもだいたいわかる?
けれど、実際にやってみると案外難しい?

自然とできる人もいるみたいですが、
できるようになりたいですね。

簡単な練習方法や、気をつけること
など、紹介します。

スポンサードリンク

●まず、ビブラートとは?

「ビブラート」とは、
演奏や歌うとき、音を伸ばす間、揺れる音
のことです。

音量の揺れと、高さの揺れの2種類があり、
ジャンルなどでも使い分けされます。


人間の声は大きさも高さも違いますし、
まったく同じ音で伸ばそうとしても
変わってしまうものです。

そして、
人間の耳も全く同じ音で伸ばすより、
少し揺れる音の方が気持ちよく聞こえます。


目指すは、
歌うときの気持ちが良いビブラートですね。



ビブラートのコツ

歌が上手な人は
自然にビブラートしているように思います。

自然にできれば一番いいのですが、
できるようになるにはコツがあります。


まずは伸ばした声を出そう

息を整えて(腹式呼吸)軽く身体もほぐした後
(まっすぐな姿勢とリラックス)で…
声を出してみましょう。


①ただ伸ばす
「はーーーーーーーー」
ただ伸ばすだけですが、
強さや音(の高さ)はお任せします。

②大げさに強調
次に
「はーーーーあ、あ、あああああ」
ってちょっと大げさに母音を強調してみてください。

できれば音が途切れないように
細かく一定に保ちながら伸ばしてください。


やりにくいようでしたら、
音の高さを変えてみたり、「は」じゃなくて
「ほーーおおおお」
とかなんでも大丈夫です。

③声が揺れる感じをつかんでください。
ビブラートっぽくなりましたか?

無理な方は、
お腹を細かくパンチしてみて
ください。
パンチじゃなくても揺らすだけでも大丈夫です。

物理的にお腹が揺れると声も揺れていますね。
顔を上下?左右?に動かしても
できそうでしょうか?


だんだんとそれらしくなってきました?
やっているうちにコツがつかめて、
できるようになります。

簡単な歌を歌って確かめてみてください。

④次に半音下げて伸ばします。
エリーゼのためにの
最初と二つ目の音を思い出すと分かりやすい?
ドラクエの呪われた時の音?の
はじめの方の音と言えば分りますか?

どんな感じでも大丈夫ですから
近い音2つを交互に続けて伸ばしてください。


だんだん切り替えを速くして、
ひとつの音のように素早くすると…
ビブラートに近づいてきましたか?


プロを真似てみる
また、プロの歌っている
ビブラートの真似をするのもオススメです。

いきなり真似ができなくても、
上記のやり方でできるものからやって、
真似に近づいていってください。


できるようになれば、
どんな曲にも自然にビブラートが出るようになります。

スポンサードリンク

●気をつけるべきこと


色んなやり方を模索してみよう

個性がありますので、
どのやり方がやりやすいかは人それぞれです。

また、ビブラートのかかり方にも個性や、
歌、場合によって違ってくると思います。


伸ばしている間、
ずっとビブラートしたほうが良い曲もあるかと思いますが、

ずっとじゃなくて、最初は短音で伸ばし、
あとの方で少しビブラートすることも
気持ち良く聞こえる場合もあります。



やりすぎに注意

ただ、ビブラートの練習をするだけでも
結構疲れます
ね。

喉を使いすぎたり、頭とか身体を揺らして、
めまいが起こってしまったりしないように
やりすぎには注意してください。


変にビブラート癖がつくと、
あっさりした曲も個性が出すぎ?
揺れすぎる曲にならないようにしたいですね。


かわいい曲にビブラートをつけまくったら、
コワいですよね。

自然に気持ちよく聞こえるビブラートを
さりげなく入れて

歌う人も弾く人も気持ち良く歌を楽しみましょう!

スポンサードリンク

●まとめ

音を伸ばす時、揺れる音のことを
「ビブラート」といいます。

いろんなビブラートがありますが、
歌うときのビブラートは
簡単な練習でコツがつかめればできる
ようになります。


歌の基本の発声ができたら、
声を出しましょう。

1「はーーーーーあああああ」母音を強調
2 物理的に揺らす(お腹パンチ、顔を動かすなど)
3 近い2つの音(半音)を交互に出す。

1、2、3、とも細かく揺らして
音が途切れないように伸ばしてください。


自分のやりやすい方法を見つけて、
プロの真似をして歌ってみてください。


人によって声も違うように、
歌もビブラートも違います。

個性やテクニックとして違う場合もあります。


やりすぎると喉を痛めたり、
めまいがしてしまうかも
しれません。

かわいい曲もビブラートの入れすぎで、
コワい感じにならないように、
聞いても歌っても気持ちの良いビブラートを目指しましょう!

スポンサードリンク

 - カラオケ, コーラス