色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

自閉症の特徴3つ。2~3歳の子に現れやすい特徴。

子どもの発達について
いろいろと心配する親も多いと思います。

他の子と比べて発達が遅いとか、
落ち着きがないなど気になってしまいますよね。

特に発達の遅れが著しいと
発達障害があるのかも...
と思ってしまう場合もあると思います。


発達障害と言っても障害の種類は多く、
症状も様々です。

ここでは発達障害の1つでもある
自閉症児の行動や発達について考えてみましょう。

スポンサードリンク

〇「自閉症」の特徴

赤ちゃんのうちから
何かしらの症状が現れることもありますが、
親や周囲の大人が気付くのは
だいたい2~3歳くらい
でしょう。

自閉症かも...と気付く子どもの特徴
について見ていきましょう。


①言葉の遅れ

2歳前後ではまだ言葉の発達は発展途上の状態ですが、
この時期から何らかの言葉を発し始めます。

2歳半になっても何の発語もなく、
なおかつ指差しなどによる意思表示も見られない場合

自閉症を疑う必要があります。



言葉が遅いと感じても指差しにて意思表示を行ったり、
言葉掛けに対して正しい反応が出来ている場合には
様子を見て大丈夫でしょう。

例)
自分の行きたい方向を指差す。

欲しいものを指差す。

「○○取って。」「○○のところまで行って。」
等の言葉掛けに対応出来る。



②会話が成立しない

3歳前後になって発語があっても
言葉のキャッチボールが出来ない場合は注意が必要
です。

話しかけても「オウム返し」になるのが特徴的です。


「オウム返し」とは
「ご飯食べる?」→「ご飯食べる?」などと言われた問に答えられず
そのまま繰り返すことを言います。

言葉のイントネーションも
語尾が上がった疑問形のままになります。


また、
自分だけが一方的に話し続ける行動も特徴の1つです。

本人が発した言葉に対し、
望んでいた返答がもらえない場合、
本人が望む答えが返ってくるまで
繰り返し同じ質問をする場合もあります。



自閉症は
他者とのコミュニケーションと取ることがとても苦手
です。

自閉症児は聴覚からの情報収集が苦手なため
「会話」はとても難しい事なのです。

スポンサードリンク

③強いこだわり

2~3歳児に現れるこだわりとは、
極端な偏食や1つの遊びに執着するような行動を指します。


食事面で、特定のものしか口にしない場合は
注意が必要です。

ご飯1つにしても、決まった調味料を付けないと食べない...
必ず味噌汁やお茶に浸してから食べる...
など独特の食べ方をするのも特徴の1つです。


遊びに関して言えば、
1人遊びが好きでお友達が遊びに入って来ることを嫌います。

それがママやパパであっても同じ行動を取ります。

遊びの内容は、
何かをひたすら並べ続けたり、
円形のおもちゃをクルクルとコマのように回す
などの遊び方をします。

視覚的、触覚的刺激を好み、
水の流れをじっと見ていたり、
砂を容器に入れたりこぼしたり
といった
遊びを繰り返し楽しむ行動があります。


1人黙々と遊んでいるので、
一見、手のかからない子と思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、
同年代の子どもと一緒に過ごしていても何の関心も示さず、
1人の世界の中でひたすら遊んでいる場合は注意が必要です。

     

〇まとめ

自分の子どもが「自閉症かも...」と感じたら
「育て方のせい??」と思ってしまう親もいるかもしれません。

それは違いますよ!

自閉症は先天性(生まれつき)の脳機能障害です。


ただ、
もしお子さんに自閉症の特徴が見られた場合には
早めに対応してあげましょう。

自閉症と診断されても
早いうちからきちんとした療育を受けることで、
就学時には集団の中で自然に過ごすことも不可能ではありません。


自閉症ということを
認めたくという方もいるでしょう。

でも少しでも気になることがあったら、
専門機関に相談することが
お子さんの明るい未来に繋がります。

目の前のお子さんと向き合って、
早期発見、早期療育を始めてあげることがおやの役目ですね。

スポンサードリンク

 - 子供の病気