色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

ノロウイルス!!予防対策で感染拡大を防ごう!!

冬になると流行し始める「感染性胃腸炎」...
その代表とも言われるのが「ノロウイルス」ですね。

ノロウイルスは乳幼児から老人まで感染する年齢層が広く
その上感染力が強いため少量のウイルスでもすぐに感染し、
嘔吐・下痢などの症状を引き起こします。

スポンサードリンク

時に発熱を伴うこともあり、
感染するとかなり辛い感染症のひとつです。

ノロウイルスに対する特効薬はなく、
対症療法を行いながら症状が落ち着くのを
待つしかないので、
出来ることなら感染したくないですよね。


感染しないためにもウイルスの特性を理解して、
きちんと予防策を行いましょう。




〇ノロウイルスはどうやって感染するの??

ノロウイルスに汚染された
牡蠣などの二枚貝を食べることで感染し、発症します。

しかし、その後から人から人への
感染力がかなり強いため集団感染が起こります。


感染者の便や嘔吐物の中のウイルスが
人の手などを介して二次感染するため、
集団生活を行う施設などでの集団感染が多くなるわけです。


また、ノロウイルスに汚染された
食品を扱う料理人の手を介して
感染が広がることもあります。

スポンサードリンク

〇ノロウイルスに感染しないための予防と対策


①何よりよ効果的な予防法は「流水と石鹸による手洗い」です。

帰宅後、食事の前には
必ず石鹸で手洗いを行う習慣をつけましょう。

指の間や爪の中、手首まで
きちんと時間をかけて洗うことが大切です。



②貝類はきちんと加熱処理を行いましょう。

ノロウイルスは熱に弱いため、
加熱処理を行うことで菌は死滅してしまいます。

また、調理に使用した包丁やまな板などの調理器具は
熱湯消毒をするようにしましょう。


念のため配膳前にもう1度、
手洗いを行うことをおすすめします。



③便や嘔吐物の処理の仕方に気を付けましょう。

ノロウイルスに感染した人の便や嘔吐物には
たくさんのノロウイルスが潜んでいます。


その中のわずかなウイルスが
体内に入っただけでも感染してしまうのが
このウイルスの怖さです。

ノロウイルスには
塩素系の消毒液を用いて消毒しましょう。


商品名で言うと
「ピューラックス」「ミルトン」「ハイター」などです。

500mlのペットボトルに
ペットボトルのキャプ2杯分の塩素系漂白剤を入れ、
水をいっぱいまで入れれば消毒液の出来上がりです。

     

※便や嘔吐物を処理する時の注意点

①まずは処理を行う人以外はその場から離れます。

処理を行う際にウイルスを含んだ飛沫が発生し、
それを吸い込むだけでも感染するので、
最低でも3mは離しましょう。

②嘔吐物などを放置しておくと
そこからウイルスが空気中に舞い上がるため
なるべく早めに片付けましょう

③必ずマスクと手袋を着用します。

手袋は清潔なものであるよりも
丈夫なものであることが大切です。

④嘔吐物などは外から内側に向かって集め、
拭き取ります。

この際、
汚物を広げてしまうような拭き方はやめましょう。

嘔吐物などは
意外と広範囲に飛び散っている可能性があります。

嘔吐物のある場所だけでなく、
半径1m範囲くらいの壁や床も消毒しましょう。

処理に使ったものはすべて破棄します。

嘔吐物などは袋に入れて、
口をしっかりと閉じます。

処理に使った雑巾やタオル、手袋なども
袋にまとめて破棄します。




〇まとめ

ノロウイルスに感染してしまった時の辛さを考えたら
ちょっとめんどくさくてもきちんと予防策を行いましょう。


家族や身の回りの人が感染してしまった場合には
それ以上の感染拡大を防ぐことが大切です。

また、ノロウイルスに負けないよう
日頃からバランスの良い食事や規則正しい生活をして
身体の免疫力を上げておきましょう。

スポンサードリンク

 - 子供の病気, 病気