色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

ドビュッシー『月の光』の難易度。オススメの弾き方

ピアノだけでなくドビュッシーの「月の光」という曲は、
どんな楽器で演奏しても
その美しさは変わらないですね。

ドビュッシーの曲の中でも最も有名な曲です。
代表とも言えるかもしれません。

「ベルガマスク組曲」の4曲ある中の
3曲目です。

スポンサードリンク

最初は静かで、
簡単そうに聞こえますが難易度はどうでしょう。

ピアノ練習の弾き方も紹介します。




●難易度はどれくらいか

難易度としては、
中級です。

途中から
アルペジオからが急に難しくなります。

私、実はちゃんと仕上がってなかったので、
私の感覚では上級レベルに感じます。


フラットが5つも付いて、
途中転調してシャープが4つに…
黒鍵が多いですね。

譜読みが難しく感じるのかもしれません。


●オススメの弾き方

8分の9拍子、見慣れませんが、
8分音符を3連符と考えると3拍子に感じます。

途中にある2連符は、
逆に普通の8分音符ととらえるとわかりやすい
かと思います。


オススメは、
8分音符をさらに2つに割った16分音符の単位に
数えて弾くと拍が乱れない
です。

8分音符のリズムを
1と2と3と…感じるってことです。



点を書きこんでみよう

長く伸ばす音は、・・などを書き込んで、
数えてみると正確な長さがわかります。


♪8分音符には・をふたつ、
♩4分音符は♪♪だから4つ、
符点4分音符は♪♪♪だから
・が6つつきます。

6つの・が
基本のリズム(3連符みたい)になる
んです。


1小節の中に8分音符が9つですから、
2倍の18個って、
ちょっと・だらけになってしまいますが

…全部書き込まなくても
わかりにくいリズムの箇所にだけやってみてください。

スポンサードリンク

2連符について

えーとそして、2連符のところは、
と23と…だから
・・・・
となります。

・3つ分が2連符のひとつの長さですね。

コツがつかめたら大きく3連符の感覚で、
3拍子のリズムをつかんでください。



16分音符の伴奏のコツ

途中から、
左手~右手への16分音符の伴奏になります。

アルペジオですが、
行って帰るパターンではないですし、
離れた音符が多いので、
指使いにもパターンが決まらず、すんなり弾けません。


楽譜に書いてある指番号通りに
練習した方が良い
です。

流れるような音符ですが、
最初から流れるように弾きたくても
少し我慢してきっちり指が決まるまで、
ゆっくり練習しましょう。


指を置いておくところは無理をせず、
その音を際立たせメロディーやベース音として、
響くようなイメージで弾くと良いと思います。


最後のところは、
最初のメロディーと16分音符の伴奏が合体してさらに美しく
繊細な感じに聞こえます。

静かな中に、キラッと光るものがあって、
真の強さを感じます。

テンポは最初と同じで遅くならないようにしましょう。

スポンサードリンク

●注意すべきポイント

ドビュッシーの曲は
ペダルの使い方が重要です。

指を置いておく音符が多いのもドビュッシーの曲の特徴で、
難しいところでもあります。


楽譜には長く伸ばす音符の間に、
他の音符が多く書かれます。


忠実に、伸ばしていてはなかなか弾きにくくて
指がつっちゃいそうになるくらいですが、

足のペダルもしっかり使い、
その音が途切れないようにして次の音とのつながりや、
際立たせる感じを持てば大丈夫
です。


この曲はどれがメロディーなのかも
楽譜を見るだけではわかりにくい部分もあります。

メロディーは、
よく響くように特に大事にしましょう。

右手の和音で弾く場合も
上の音を強めに指の強さをコントロールしましょう。




●まとめ

ドビュッシーの代表の曲ともいえる「月の光」。

難易度は中級ですが、
最初はリズムや譜読みに時間がかかって
難しく感じるかもそれません。

リズムは、8分の9拍子、2連符などもあり、
慣れるまで難しい箇所は
細かく数えるなどしましょう。


慣れたら、
3連符の3拍子の感じで練習できます。


16分音符の伴奏のところからは
流れるようになるまで我慢して、
指が決まるまでゆっくり練習してください。

最後の主題は、
静かな中でもテンポをたもって弾いてください。


ドビュッシーの曲の特徴でもある、
ひとつの音符を伸ばす間にいくつも音符が並び、

まるで別の人が別パートで演奏するかのようなところ、
ペダルを使い、
無理なくつながるように、
すこし際立つような感じで弾きましょう。


スポンサードリンク

 - ピアノ, ピアノ演奏曲, 楽曲解説