色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

腹式呼吸とは?胸式・肺呼吸との違いも解説します

 コーラスや、アナウンサーなど、
いい声を出す人が、必ずする呼吸法があります。

 それが「腹式呼吸」です。

お腹で呼吸?するのでしょうか?


 学校などでも習ったことがある方もいらっしゃると思いますが、
腹式呼吸がどんな呼吸法なのか、
胸式呼吸との違い
なども紹介していきます。

スポンサードリンク

●腹式呼吸ってどんなものなのか

 腹式呼吸とは、息を吸うときに、
胸から上(肩など)をなるべく動かさないで、
お腹を動かしてコントロールする呼吸法
です。

吐くときは声を長く続くように息を細く出すので、
コントロールが必要なのです。
 


 普段は普通に呼吸していますが、
意識して息を吸ったり吐いたりしている方はいませんよね。

 考えなくてもできる呼吸は胸式呼吸です。
ちょっとリラックスしたい時って大きく息をしませんか?
 

一般に息を吸うと身体は緊張し、
息を吐くと身体はリラックスすると言われています。

 いっぱい吸ったあと、全部の息を出したら、身体が自然に緩んできますね。
 

腹式呼吸のメリット

 腹式呼吸を実践すると、
吸うときの身体の緊張が、逆に程よくリラックスできる
ということです。


 そして、息を出す量を身体でコントロールできるので、
楽に声を出せる。よりきれいな声が出せる。


声が続く。
たくさん声が出せる。
喉が痛くなりにくい。

 など、声を出すことに良いことがいろいろあります。


 声を出すだけでなく、
健康法にもなったり、ダイエットにも良いといううわさがあったり…

スポンサードリンク
 

●胸式・肺呼吸との違い

反対に胸式呼吸は、ラジオ体操の深呼吸のように、
胸を大きく広げて、吸って…吐いて…が同じ感覚で普通に呼吸すること

 この呼吸のままで、声を出してみても大きくは出ても、
長くは出ないですね。


 息を吸うとき、身体に力がみなぎり(緊張)、息を吐くと身体が緩む(リラックス)
 スポーツなどはこのリズムで、力を発揮できるのでしょう、


発声の時はどうなのか

 では、声を出す時にはどうでしょう。

 声を出す前、息を吸うと身体に力が入り緊張し、
声を出すと途端に身体が緩み、
息を出しすぎてコントロールできません。
 
その結果、 
力が入った声。
枯れた声。
声が続かない。
だんだん出なくなる。
喉の痛み。
 など、良い声も出なくなるし、身体にもよいです。


 このように、腹式呼吸は、声を出す仕事の方だけでなく、
 カラオケや、学校や結婚式や、日常の生活でも、
うまく声を出したいときに意識してやってみると、
身体にもよく、思ったより歌やスピーチがうまくなりますよ。

     

●まとめ

 腹式呼吸は
 歌を歌うとき、スピーチするとき、
声を楽に出せて、きれいな声が長く続けられる呼吸法。


 普段、息を吸う、吐く、を無意識でしていますが、
吸うときに緊張、吐いて身体が緩みます。


 この腹式呼吸を実践すると、吸うときに身体に力が入りすぎず、
出す時に、出す息の量をコントロールできるので、
 楽に声がだせ、きれいな声が長く続く、など
 声にも身体にも良いことが、健康法、ダイエットにも良いと注目されています。

スポンサードリンク

 - コーラス