色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

音楽記号のアクセントの意味。「>・∧・∨」の違いは?

アクセントといえば、
言葉などにも使われる「アクセント」があるので、
音楽記号としても、アクセントの意味はわかりますね。

でも、アクセントにもいろいろありますね。

記号の違い・演奏の違いを紹介します。

スポンサードリンク

●アクセントの意味

アクセントは
「その音を強く」
の意味になります。


私の持っている楽典の資料には
> ∧アクセント 
accent アクセントをつけて
と載っています。

その音を目立たせることで、
変化をつけるという意味。


テヌート(音を保って)や、
スタッカート(音を短く切る)に近い演奏法で、
アクセントとなることも
あります。

記号でひとつの音符の上についている
>とか、∧がアクセントです。


その音だけを強くして、目立たせるわけです。

音の高さなどは変わらないので、
演奏としても難しくはないですね。

スポンサードリンク

●>、∧、∨それぞれ違いはある?

>と∧∨の違いですが、
もともとは同じ、アクセントをつけての意味で、
作曲家などによって使い分けをしていて、
>よりも、∧∨の方が強くする場合があります。

私も、演奏の時は>よりも、
∧の方が太く書いてあったりして、
より強く弾くのかな?
と感じていました。


記号と一緒にフォルテがついていることも多いです。



音符の上にも下にもつく

でも>や、∧、で違いがあるのでしょうか?
∨も同じアクセントでしょうか?

ブレス記号(息継ぎ)にも似ていますが、
音符についていれば、アクセントです。

音符の向きによって、
上につくこともあれば、下につくことも
あります。

下向きの音符には∨が音符の下につくわけですね。
(音符の下につく場合)


ブレス(は音符と音符の間の5線の上につく)
とは位置が違うので、間違うことはないです。
%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e4%b8%8b


見間違いに注意

間違いやすいのは、
>を短いディミヌエンド(デクレッシェンドだんだん弱く)
と間違いやすく、

実際にシューベルトやベートーベンの曲で
間違った楽譜が出版されました。

∧はスタッカーティシモ
(音符に・でスタッカート音を短く切る)に間違いやすいです。
%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a2



●演奏の際に考えること

実際には、作者によっても違い、
曲全体のバランスを考えて
どう演奏するかは、自分なりに試してみてください。

練習する前に、
プロの演奏を楽譜と一緒に聞いてみることろから、
アクセントの音はどんな感じなのか、
他の記号もいろいろチェックできます。


プロの演奏だけでも人によって、
弾き方や、解釈が違います。


聞き比べてみるのも面白いかもしれません。



強ければ良いというものでもない

アクセントだから、
その音が強くなれば良いわけですが、
必ずしもフォルテ(強く)でなければいけない
というものでもありません。


アクセントは、
その音を目立たせる。
印象的に聞こえる。
この音を聴いてほしい。

と、強調する感じで演奏してみてください。


静かな場面でも、その音が印象的に響き、
聴く人の心に刺さるようなイメージで表現できたら、
感動!ではないでしょうか。

音楽でも言葉と同じように、
ロボットのようにならないよう、
アクセントのある印象的で、
自分らしい演奏をしていきたいですね。

     

●まとめ

音楽記号の「アクセント」は
「その音を強く」の意味です。


その音を目立たせる。

簡単なようですが、記号にはいろいろあって、
間違いやすかったり、記号によっての違いがあったり、

楽譜によって、作者によって、
また、演奏者によっても変わってきて、
ただ、強くするだけではないです。


プロの演奏と楽譜を見比べながら、
どうアクセントをつけるか、
自分なりの演奏方法を見つけてください。

言葉と同じ、
血の通った感動できる音楽を目指していきたいです。

スポンサードリンク

 - ピアノ, 音楽用語