色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

テヌートの意味(音楽用語)&演奏で意識すべきこと

音楽用語って、
速さや、強さを表すものでも、
あいまいな言葉で表示されることがあって、
とっつきにくいんですよね。

さらに、目立たない、あまり意味がわかりにくい、
標語?記号?があります。

どう解釈し、どう演奏すればいいのでしょう。


あいまいすぎて、今度こそお手上げかもしれませんが、
「テヌート」について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

●テヌートの意味

tenuto(ten.)テヌート、
音を保って、という意味です。

音符の上に
‐(ハイフン)と表示されることもあります。


私の持っている楽典の資料には、
音を保持して、
音のあらわす長さを充分に保って演奏すること。
とあります。


いろんな楽譜を見たら、
けっこうテヌートがありました。

ショパンの曲や、
ドビュッシーの曲に多く見られました。
(ずっと弾いてきた曲でしたが…)

     

●「十分保つ」って具体的にどういうことか

音符の上の‐が、・(点)だとしたら
スタッカートで、弾き方も変わってきます。

テヌートの「音を保って」とは?長さを保つとは?
普通に音符だけの時と、どう違うのでしょう?

十分とは、十分間?ではないことは、明らかですが、
充分でも、どういうこと?って思いますよね。


イタリア語の語源の
「保持する」
「逃げないように」
「落ちないように手で押さえる」

という意味の言葉からきています。

私の結論としては、
その音を大事にする。

テンポや、大きさは変えずに、
その(テヌートがついた)音符に心を込めて弾く。



また、
勝手に長さを変えない、という意味と、
ハッキリ音を出す、という意味もあります。


そして、その曲の作者の思いが伝わるような
演奏ができるように、
プロの演奏を聞き比べてみたり、
誰かと相談しながら、

自分らしいテヌートの表現を逃げないように、
つかんでください。

スポンサードリンク

●まずはプロの演奏を真似よう

何より大事なのは、
音楽として、どう表現するかです。

小さな記号ひとつに、
全ての曲が共通して、同じ意味とは限らないですね。


楽譜だけが伝わったのではなく、
曲として人から人へ伝わってきた音楽ですから、
一番は、その曲を聴くことです。


プロの演奏を聴くと、
その心も伝わってきませんか?

まずはプロの演奏を真似ることを目指して、
楽譜を見てください。

ひとつひとつの記号や、文字に対して、
演奏家はどう表現されているか、
意味はわからなくても、なんとなく伝わってきますね。


テヌートの部分はどうでしょう。
どう感じるかも、
曲や、聞く人によって、また違うでしょう。


●まとめ

楽譜の表示には、目立たない、
あまり大きな変化がないものもあります。


中でもテヌートは、
「音を保って」との意味ですが、

勝手に長さを変えないで、という意味と、
ハッキリ音を出す、という意味にも
とらえられます。


プロの演奏を聴いたり、私なりの解釈では、
テヌートがついた音符は、
テンポや長さを変えずに、大事に弾くことです。

もともと音楽は人から人へ、音として伝わったもので、
楽譜だけの情報では
作曲家の本当の心を理解するのは難しいですね。

スポンサードリンク

 - ピアノ, 音楽用語