色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

ピアノレッスン、相場の月謝はいくらくらい?その他かかる費用

ピアノ教室に通うと
月謝はいくらくらいかかるのか、
だいたいの相場を知ってから教室選びをしたいですね。

月謝以外にどんな費用が必要なのかも、
把握しておけば余計な出費と思わずに済みます。


ピアノ教室にもさまざまありますが、
費用面について、個人でピアノを教えていた経験から
私なりに考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

●大手の教室と、個人の教室の相場のお値段


ヤマハ・カワイの場合

ピアノといえば、日本では「ヤマハとカワイ」ですね。

ピアノ教室といったら
大手はこの2社です。


どちらも同じような値段で、
月5000円~12000円かかります。


小さいうちは時間も短く、
5000円が平均で、

年齢が上がると、レッスンの内容も濃くなって、
どのコースに進むのかでも違いますが、
だんだん値段も上がってきます。


大手の月謝の中には先生以外の人件費や、
レッスンをする建物の家賃、光熱費、
そして宣伝料なども含まれています。


個人教室の場合

個人のピアノ教室は、大手の教室よりも安く、
平均5000円~8000円といった感じです。

個人の教室は先生の肩書によって
(有名音楽大学を卒業された…とか、外国に留学された…とかで)
高い月謝のところもあります。


個人でのピアノ教室でも、
先生がひとりで全部の経営をされているとは限りませんが、
月謝にいろいろな運営費などを含めて
考えることはまずないです。

かかったとしても生徒さんの人数が多くなければ、
自宅でレッスンされることが多く
生活費の一部になっていることが多い
ですね。

スポンサードリンク

●その他にどんな費用がかかるの?

 ピアノ教室で月謝以外にかかる費用は、
まず、ピアノと教材費です。


ピアノがなくてはレッスンもできません。

その他には、
ピアノ教本、楽曲集、レッスンの記録を取るノート、ノートに貼るシール
など、毎月は買いませんが、

年に数回購入することもあります。
(先生や場合によって月謝に含まれるものもあります)


ピアノ教本などは、
1冊1500円くらいするものが多いです。

それをひとり2冊くらい使います。



他に上達に応じて
音楽ドリル・5線譜・メトロノーム・補助ペダル
を使ったりすることもあります。

幼児には、音が鳴る簡単な楽器や音符を学ぶための
おもちゃのようなものも購入することがあります。



レベルが上がると、
コンクールやグレード試験
(ヤマハ10級4000円~)などもあり、
絶対必要というわけではありませんが、

試験などを受ける場合は、
そのたびに費用
がかかります。

スポンサードリンク

ピアノ発表会の費用も

 年に1回、あるいは数年に1回のピアノ発表会では、
規模にもよりますが、
大きいホールなどでの発表会では
参加費として10000円ほど必要です。

そこでは衣装代もかかってきます。


毎年同じホールで発表会をされる教室では、
毎月の月謝に積立金をプラスして徴収
しているところもありました。

今は、お金のかかる派手な発表会は減ってきています。



私の体験談:発表会

ちなみに私の場合、
子どもの頃は大阪の大きなホールで大勢の出演者に混ざって、
私もこの日のために一生懸命練習した曲を、

母が手づくりしてくれたドレスに身を包み、
スポットライトのまぶしさと、
人の多さに緊張しつつ演奏したことを思い出します。


 大人になってピアノの先生になった後は、
市内のピアノのある音楽練習場をお借りして、
パイプ椅子を並べて小規模の発表会をしました。

参加費は無料にできました。
どちらにしても発表会は自由参加が一般的です。



 私自身、いまさらですが、
子どもの頃から両親にこれほど、
いろいろと出してもらっていたんだなと
改めて、思い出しました。


まだ、習い始めの小さかったころに
エレクトーンの曲を集めたレコードのセットを買ってもらい
(たぶんエレクトーンの先生から購入)
補助ペダルも買ってもらい、

小学校高学年では
(ヤマハの)合宿へも行かせてもらいました。

かなりお金がかかったでしょうね。
両親には、感謝、感謝です。


ピアノの先生として
少しは感謝を返せていたらいいのですが。


このように、教室それぞれの違いもありますが、
月謝以外の出費のある場合は、
だいたいが、任意であったり、
したほうが良い、くらいのものだったりしますので、

その時に先生や、
本人とも相談して考えて
いってください。


●まとめ

 ピアノ教室に通うと

月謝は個人の方が平均で
5000円~8000円くらい、

有名大手の教室では
5000円~12000円くらい
かかります。


月謝以外には、
教材費(ピアノとピアノ付属品、楽譜や教本など)
発表会参加費、衣装代、なども必要です。

資格試験やコンクール
などにもお金がかかります。


とはいえ、月謝以外に必要なものがある場合は、
強制ではない場合が多いので、
先生や本人とも相談しましょう。

スポンサードリンク

 - ピアノ, ピアノ上達法, ピアノ初心者向け