色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

アラベスク(ピアノ演奏)の難易度レベル&オススメの練習方法

音楽で、アラベスクといえば、
ドビュッシーのアラベスク第1番が有名ですね。

2つのアラベスクとして、
1888年にクロード・ドビュッシーが作曲しました。


音楽でも同じアラベスクというタイトルの曲は
いろいろあります。

スポンサードリンク

その中でも有名で、
テレビなどでも聞いたことがある
ドビュッシーのアラベスクですが、

難易度はどうでしょうか、
演奏のポイントなど紹介していきます。




●難易度はどれくらいか

まず、ドビュッシーの「2つのアラベスク」
難易度は中級です。


第1番だけで、私の感じる難易度は、
弾くだけなら中級で、
表現力などでは少し高い中級の上くらいかと思います。

3連符と8分音符のバランスが、
初めての方には難しいとは思いますが、
初挑戦でもこの曲(アラベスク第1番)で、
コツをつかむ練習にもなるのではないかと思います。




●演奏する際のポイント

このアラベスク第1番の魅力は、
流れるようなメロディーですね。

初めて聞いたときは、まるで、
琴か、ハープの演奏のような曲だと思いました。

その当時、ピアノを始める前で、
はるか雲の上のレベルに感じました。


和音をばらして演奏しよう

流れるようなメロディーはアルペジオといって、
和音をばらして、
順にひとつひとつ奏でることで、
弾き方も流れるようになり、

聞こえる音も流れるような音になります。


楽譜を見ると、音符が階段状に並び、
和音の音符よりたくさんあります。

私の感じ方ですが、
アルペジオに慣れていないと
和音よりも難しく感じる
と思います。

和音は見た目もわかりやすく、
鍵盤にそのままの形で押さえるイメージです。

スポンサードリンク

慣れれば速く上手に弾ける

アルペジオは隣の音符とどれくらい離れているか
パッと見ではわかりにくいので、
譜読みに時間がかかる場合があると思います。

でも、アルペジオでも
同じ音のくり返しが並んでいるだけ、
ということが多い
ので、
慣れれば速く弾くことができるようになります。


アラベスク第1番は下から順に上がったら、
同じ音で下がってくるメロディーや、伴奏が多いので、
指が決まれば和音と同じ感覚で弾けます。

ただ、
手首や、指はやわらかく弾けるように、
よく動かしましょう。



右のメロディーが3連符で、
左は普通の8分音符というところが難関ですね。

そして、各所にひとつの音を伸ばして、他の音を弾く、
つまり
親指(小指)を鍵盤に置いたまま、
他の指は動かす。


この動きをするところが多いですね。


この演奏も慣れないと難しく、
手が痛くなったり、リズムが崩れたりします。




●オススメの練習方法

難関だったところをどうのように練習すればいいか、
本当に初めての挑戦されるかたは、
曲を聴くだけでは、なかなかわからないと思います。



3連符と普通の8分音符の組み合わせ

例えば、
タタタと
タンタンとを一緒にする感じです。


  (3連符)
タン タン(8分音符)


最初の赤色の音は一緒に弾きます。

あとは
ブルー、グリーン、イエローと交互に弾きます。

少し、グリーンはブルーを弾き終わってから、
すぐに弾くのがコツです。

最初はゆっくりから、
何度も何度も繰り返してみてください。

頭で考えなくても自然に、
流れるようなリズムで楽に弾けるようになるまでが、
がんばりどころです。

スポンサードリンク

フィンガーペダルについて

次の難関は、
指を置いたまま他の指はいろんな音を弾く、
フィンガーペダルというやり方ですね。


例えば、伸ばす音がメロディーで間の音は、
伴奏の一部という風に、
伸ばす音(指を置いたままの音)が目立つように
少し強めに弾きます。




その音がほとんど小指ばかりで
弾かないといけない時は、
小指が痛くなったり、力が入りにくかったりしますが、
小指さん!がんばってください。


これも何度も練習して、
コントロールできるように指を鍛えましょう。


聴くだけでは、
指が痛くなるような曲に聞こえませんが、
あの流れるようなメロディーの中にいろんな要素があって、

簡単には得られない、
難関を越えた先に、身に付けられる技です。


他にも、表現するところは多々ありますが、
ぜひ、この「アラベスク第1番」をマスターして、
上級へのレベルアップと流れるような美しい技を
自分のものにしてください。




●まとめ

流れるようなメロディーの
「アラベスク」で有名なドビュッシーの曲。

すごく難しそうですが、
難易度は、中級で
アルペジオが苦手な方にも、
3連符と8分音符のリズムに初挑戦の方にもオススメです。


楽譜も分散されて難しく見えますが、
和音が分散されていて、
同じ音の行き帰りも多く、
慣れれば和音と同じようなものです。


3連符と8分音符はリズムをつかむまでは、
部分練習で、何度も同じリズムのくり返しをしましょう。

この曲で、さらにレベルアップ間違いなし!

スポンサードリンク

 - ピアノ, ピアノ演奏曲, 楽曲解説