色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

久石譲『SUMMER』の難易度はどれくらい?演奏のコツも紹介

久石譲さんの「summer」は、
北野監督の「菊次郎の夏」のテーマ曲で、
オリジナルはピアノ曲ではないのですが、
数多くピアノソロの楽譜があります。

「summer」の楽譜で難易度や、演奏のコツ
私なりに紹介します。

スポンサードリンク

●難易度

「summer」だけでも何種類もの楽譜が出ています。
難易度も初級から上級までたくさんあります。

私の持っている「summer」(Shoot The Violist version)は、
ニ長調で、上級です。

なので、
ご自身に合った難易度の楽譜を選ぶことが大切ですね。



私は、宮崎駿監督のアニメ映画が大好きなこともあり、
彼のアルバムと、楽譜を買って、よく練習しました。

映画音楽だけでなく、当時からドラマや、テレビ番組のテーマ曲でも
よく耳にし、なんとなく心に響くメロディーが印象に残っていました。

少し、悲しげなところがあって、どことなく懐かしく感じます。


「summer」は当時(2001トヨタ)のCMソングで知って、楽譜を探しました。

「Pure2 be naturel」
というCDに収められた曲集の楽譜で、
ピアノソロ用に(久石さんが)アレンジしたものです。

スポンサードリンク

●こんな演奏を意識しよう

CDでは、最初に木琴のような音で、
ポンポンと跳ねるように始まります。

ピアノでもペダルを減らし、
夏らしく涼しげに軽やかに弾きましょう。


テーマのメロディーも
スタッカートで弾きます。



イントロの演奏

菊次郎の夏の曲では二分音符のメロディーから始まりますが
そのイントロのようなメロディーは、途中から入ります。

そこからはペダルを使い、響かせます。

テーマの曲が始まるところは、
音量も出して、フルオーケストラのように演奏します。



間奏

間奏に入ったら、
音量を抑えて、ペダルも控えめに、
右手は16分音符を練習曲のように
スピーディーに少し可愛く弾きます。

だんだんとクライマックスに近づくと音量を出し、
3回目のテーマでは思いっきり夏を爆発させて、演奏します。



ラスト

最後への道では、
少し最初のスタッカートが混ざり、落ちつきを取り戻し、
最後の最後は夏を惜しむように、
少し引きずった気持ちで弾きます。


これは(もちろん、久石譲さんの弾き方を参考に)
私の弾き方と、イメージですが、
参考にしていただければうれしいです。


二分音符のゆっくりした音から始まる楽譜も多いです。

スタッカートの部分がなかったり、
逆に、私の持ってる楽譜にはないフレーズがあります。

     

本人の弾く音を聴こう

どんな曲もですが、
自分なりの弾き方をする前に、CDなどで、
オリジナルか、久石さん本人の弾く音を
一番に参考にすることをおすすめ
します。

同じフレーズが繰り返されるところは、メロディーは同じでも
伴奏が少し違っていたり、和音が違ったりします。


楽譜によって、同じメロディーを繰り返す場合は、
一回目、二回目を
違った感じに演奏するようにしてみてはいかがでしょう。


●まとめ

宮崎駿監督のアニメ映画の音楽で有名な久石譲さん
映画、「菊次郎の夏」の主題曲でもある「summer」
ピアノバージョンの楽譜が難易度もさまざまに、
たくさん種類があります。


「summer」という題名ですから夏らしく涼しげに、夏を盛り上げて、
夏を惜しむように、弾きたいですね。

なるべく本物を参考に、自分なりの演奏を試してください。

スポンサードリンク

 - ピアノ, ピアノ演奏曲