色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

クラシックコンサートの服装で気をつける事。子供は連れていいのか

クラシックコンサートでは、
皆さんが大人で服装なども
マナーとして決まりがある
のでしょうか。

気をつけることは事前に知っておいた方がいいですね。


子どもが参加しているイメージがないですが、
お子さま連れは大丈夫なのでしょうか。

スポンサードリンク

●コンサートの服装のマナー

 普通のコンサートとは違って、
クラシックのコンサートとなるとマナーが気になりますね。

どんな服装で行けばいいのか
知っておきたいところです。


クラシックだからって
クラシカルな格好?は別にしなくてもいいでしょうけど、
ジーパンとTシャツとか、カジュアルすぎては失礼?
と思われがちですが、

服装は自由ですよ。


ネクタイがなかったら入れないとか、
汚れていたら止められるとか、
そんなことはないです。


逆に映画の中の高級レストランとか、
パーティで見るような、きらびやかなドレスや
ビシッと決まったスーツとかのほうが浮きそうな気がします。

出演者?と思われそうですね。


服装は普段着ている服から
少しフォーマルな感じくらいまでが普通
です。

コンサートを気軽に楽しんで
あまり堅苦しく考えないで行きましょう。


音が出る服装は注意

服装で、気をつけたいことといえば、
服の生地が擦れるたびにガサガサとか、
カシャカシャとか音がするものであったり、
アクセサリーがジャラジャラ鳴ったりするものは、

普通の空間では気にならないものでも、
コンサート会場では、
目立つ音に聞こえてしまうかも
しれないことです。


コンサートでは
咳払いひとつでも、気になります。

お腹がすいた時のグーまで聞こえてしまうほどの静寂
もありますので、気をつけたいです。

スポンサードリンク

●子ども同伴ってアリなの?

コンサートは大人のイメージですね。

特にクラシックのコンサートには
未就学児の入場はできないのが通常です。

だいたいチケットなどにも記載されていると思います。


小学生でもまだ低学年のお子さんでは、
約2時間のクラシック演奏を
飽きずに座って見ていられるかは疑問です。


我が家の1年と3年の息子たちは、
好きなアニメ映画を観賞していても、

途中で何か言いだしたり(まだぁ?)(喉乾いた)
足をぶらぶらさせて前の座席にぶつけたり、
頭をふらふらさせたり、
集中していられませんよね。


チケットにも《未就学児は入場できません》などとあれば、
私の個人的な意見ですが、
小学生以上のお子さまでも参加は控えた方がいいと思います。

すごくクラシックが好きで、
じっと座って集中できるお子さんなら問題ないですね。

我が息子たちには控えてもらいます。

     

親子用のコンサートも増えている

最近は、
親子で参加できる本格クラシックコンサートも
多くなってきています。


小さい子どもや、子育て真最中のお父さん、お母さんこそ、
音楽の癒しパワーが必要です。

妊娠中のお母さんにも
ぜひ胎教にもいいクラシックを
生で聴いて感じてもらいたいですね。


中にはベビーカーのまま、
コンサート会場に入ることができするところもあります。

少しくらい泣いたり、騒いだりも大丈夫。


全体の時間も短くなっていたり、
子どもが飽きないような工夫があったりして、
家族で楽しめそうです。

興味のなさそうなお子さんでも、
初めての体験でクラシック音楽に目覚めるかもしれません。


静かにしないといけない
というマナーも気にしなくていいなら、
気軽に行けますよね。

興味のないパパ(ママ)も
一緒にクラシックコンサートへ誘ってみてはいかがでしょうか。


●まとめ

クラシックコンサートには
いろいろとマナーがありますが、
服装には特に決まりはないです。

普段着か、少しフォーマルな感じが
ちょうどいいでしょうか。

ただ、音がなってしまうものは気をつけたいですね。


未就学の子どもさんはほとんどの場合、
入場できません。


チケットにも記載されていると思います。


その場合は
(小学生低学年くらいまでの)お子さんは
控えた方が良さそう
です。

最近は子ども連れオッケーの
本格クラシックコンサートも増えてきています。


少々うるさくても大丈夫なコンサートなら
家族みんなで初体験してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - コンサート, ピアノ