色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

長調と短調一覧&できるだけ簡単に覚えるための方法も紹介

子どもの頃、音楽の道を進みたいと思っていたのに途中で嫌になってしまいました。

だって、いろいろとややこしい勉強もしないと無理でしょう?
長調、短調の種類もたくさんあって大変そう…
って、ちゃんと勉強する機会もなく…音楽って難しい!と決めつけてしまいました。


♯や♭がたくさんついて複雑になっても、法則があって、
簡単に覚えられるコツがあるなら、はやく勉強しておけばよかった…。


好きな音楽を嫌いにならずにすむように、分かりやすく紹介します。

スポンサードリンク

●長調短調一覧

まず、楽譜の最初、ト音記号の横の記号に注目です。

そこに♯や♭がつきます。


それが調号です。


調子記号ともいい、そこを見れば、何長調か何短調かが分かります。
♯も♭もつかない調号はハ長調かその3度下のイ短調ですね。

では、何もつかない調から、♯がつく調、そして♭がつく調全て並べると、
(カッコの中は、♯と♭がどの音につくかです。)

0 ハ長調 イ短調
1♯ ト長調 ホ短調 (ファ)
2♯ ニ長調 ロ短調 (ファ+ド)
3♯ イ長調 嬰へ短調 (ファド+ソ)
4♯ ホ長調 嬰ハ短調 (ファドソ+レ)
5♯ ロ長調 嬰ト短調 (ファドソレ+ラ)
6♯ 嬰へ長調 嬰ニ短調 (ファドソレラ+ミ)
7♯ 嬰ハ長調 嬰イ短調 (ファドソレラミ+シ)

1♭ ヘ長調 ニ短調 (シ)
2♭ 変ロ長調 ト短調 (シ+ミ)
3♭ 変ホ長調 ハ短調 (シミ+ラ)
4♭ 変イ長調 ヘ短調 (シミラ+レ)
5♭ 変ニ長調 変ロ短調 (シミラレ+ソ)
6♭ 変ト長調 変ホ短調 (シミラレソ+ド)
7♭ 変ハ長調 変イ短調 (シミラレソド+ファ)

全部で、長調が15、短調も15、で30ですね。


同じ調号で、長調と短調の二つあります。
必ず、長調のド(主音)より3度下、ラで短調になります。

そして、一覧でも分かるように、
♯の場合、ファから4度下のド、また4度下のソ、4度下のレ、ラ、ミ…というように
調号に♯が増えていく法則があります。

♭もシから4度上のミ、4度上のラ、レ、ソ、ド…と増えていきます。
そして、それぞれ、増えた記号が一番右にきます。

スポンサードリンク

●簡単に覚えるコツ

次に注目はその増えた記号、つまり、一番右にある♯か♭です。

♯シャープはシ
♭フラットはファ

と見ます。



♯の場合

注目する♯がシだから、ドになるのはその上の音符ですね。
そのドになるのが主音、音の階段の最初のドになります。


例えば、♯がひとつの場合、ト音記号の横には、ファのところに♯がついています。

この♯ファをシとすれば、ドはファの次のソです。
ソの音の階段でハ(ド)ニ(レ)ホ(ミ)ヘ(ファ)ト(ソ)、ト長調になります。
(ドレミファソラシ=ハニホヘトイロ)
(♯=嬰えい)


♯が増えても、法則は同じです。


一番右の♯をシと見て、次の音がその音の階段の主音になります。
だから、どんな楽譜でも♯の調号だったら一番右の♯を見るだけで、何長調かあるいは何短調かがすぐにわかるようになります。



♯の場合は、1つのファ、ソ=ト長調
次♯2つはソファミレ、トヘホニと4度下がってニ長調、
3はレドシラのイ長調、4はラソファミのホ長調…と4度下、4度下へ
と簡単に出てきますね。

覚えやすいでしょ?


短調は、主音から3度下の音ですから、長調さえしっかり分かれば、セットで覚えられますね。
ト長調と同じ調号で短調は3度下がってホ短調になります。

スポンサードリンク

♭の場合

♭の場合は注目する記号は
同じく一番右の♭です。
♭はファと見ます。


ファからドまでは少し離れているので数えないと…


1つの♭シをファと見て、ドになるのはファだから、ドレミファ、ハニホヘのへ長調…
次は♯の時と逆で4度上へ行きます。
♭シの次はシドレミと上がってミに♭が増えます。
でも…そのミがファだから、ドはさっきの♭シになるのです。

ムム?

ということは、
数えなくても次は前の音が主音になるってことですね。
♭シが主音だから、変ロ長調ですね。
(ドレミファソラシ=ハニホヘトイロ、♭=変)


次は、♭ミから、ミファソラと4度上がって、ラの♭が増えて、さっきの♭ミが主音です。
変ホ長調ですね。

♯と♭では法則に少し違いがありますが、それぞれで順に考えていけばいいのです。

ん?まだ覚えにくい?



ひとつ飛ばしで読んでみよう

では、こんな覚え方はどうでしょう?

♯の場合

♯の場合♯が増えていく順に「ハ(0)ト(1)ニ(2)イ(3)ホ(4)ロ(5)嬰(えい)へ(6)嬰ハ(7)」ですが、これにも法則があって、4度下、4度下にさがっているので
ひとつ飛ばしで読んでみてください。

嬰へ嬰ハ」
飛ばしたほうを読むと

「ハ嬰へ嬰ハ
つまり、ひとつ飛ばしで「ハニホヘ、トイロハ」の順になっていますよね。


これならメモしたり、数えたりしなくても順番に覚えておけますよね。



♭の場合

えっと、♭では…
「ヘ(1)、変(へん)ロ(2)、変ホ(3)、変イ(4)、変ニ(5)、変ト(6)、変ハ(7)」

ひとつ飛ばしで…
逆から読んでみましょう

変ロ変ホ変イ変ニ変ト変ハ」←こっちから見て


飛ばした方は
「ヘ変ロ変ホ変イ変ニ変ト変ハ」←こっちから見て

こっちも、逆からひとつ飛ばしの「ハニホヘ、トイロ」の順になっているではないですか!?



これなら、覚えやすいですね。

最初の法則も分かった上で、今の、ハニホヘの覚え方をするといいと思います。
なぜ、そうなるのかがわからないまま、丸暗記してしまうと、その時は覚えていても
応用がきかなくなるかもしれないです…



●まとめ

音の階段ドレミファソラシド(ラシドレミファソラ)の全種類一覧と
簡単に覚えられるポイントを探してみました。


まずは調号を見ます。
♯や、♭は、いくつついても同じ法則で、一番右の記号を見ます。

♯なら、そのついている音の次の音がド(主音)になります。

♭なら、その音はファと見てファミレドと数えてもいいけれど、
♭二つ以上ついた調はその前の調についた♭の位置が主音となります。


主音が分かれば、ドレミファソラシ=ハニホヘトイロ、♯=嬰、♭=変
と何長調か、また主音から3度下がった、何短調かが分かります。



♯が増えていく順に並んだ調の名前を、ひとつ飛ばしで見ると
「ハニホヘ、トイロハ」
♭は逆から同じように、ひとつ飛ばしで
「ハニホヘ、トイロ」
の順に並んでいます。

できればハニホヘの丸暗記よりも、最初の法則が分かった上で、覚えてもらいたいです。



音楽の世界は特殊な言葉も多く、とっつきにくいかもしれませんが、
覚え方や、理解の仕方が分かれば、それほど難しく考えなくても大丈夫だと思います。

どうしても、試験や、課題をのりこえるために、特殊な勉強も必要になってくることがあるかと思います。
その時だけ、しのげればいいというのではなく、簡単でも覚えられたら
さらに理解が広がって、音楽への楽しさも広がるとうれしいですね。

スポンサードリンク

 - ピアノ, 音楽用語