色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

ピアノを処分する費用っていくらくらい?買い取ってもらえる?

誰にも弾いてもらえなくなってしまっても、
運ぶだけでも大変なピアノですから
簡単にはいかないですよね。

処分費用も高そう。

廃棄処分にするのはもったいない、
買い取ってもらえたらうれしいけど、
いくらくらい?

スポンサードリンク

どんなピアノだったら買取してもらえるのか、
条件や注意することなど、
ピアノの処分の仕方を考えてみます。

2c805d875f0cc13ce08c9a6a36de39c8_s

●ピアノの処分には費用がかかる

 ピアノを処分したい事情は様々でしょうが、
あわてて粗大ごみや、自治体にお願いしようとしても
引き取ってもらえない場合があります。


引き取ってもらえる場合、

あくまでも相場ですが
5千円~5万円くらいかかる場合が多いです。
(かなり費用に差があるので、
あくまで目安程度に考えて下さい。)


処分業者でも重いピアノ
(アップライト200~250kg、グランドピアノ300~350kg)は
かなりの運送料になってしまいます。

引っ越しの際、ピアノを運ぶだけでも10万円ほど
になります。


私の実家も、いつか運ぶからと、
お嫁に行くときにピアノは残されて12年ほど、
毎年、調律はしていますが、
調律代も1万円と少しかかります。



処分するかしないかの結論の前に、
廃棄処分ならどれくらい、運ぶにはどれくらい、
そして売却すればどのくらい、になるのか、
今の相場を知っておくことをおすすめします。



一般人が解体するのは危険です

家具などは自分で解体して持っていけば良いものもあります。

古い型のエレクトーンは処分にお金がかかると聞いて、
旦那と2人で解体して粗大ごみに出したことがあります。


ピアノは木製ですが、
(中は鉄製のものも多くチューニングピンがはじけて危険です)
解体なんてしないでくださいよ。

電子ピアノは別ですが、ピアノは買い取ってもらえるかもしれません。

スポンサードリンク

●どんなピアノなら買い取りしてもらえる?

 ピアノといってもいろいろありますが、
どんなピアノなら、買い取りをしてもらえるか、条件があります。


最近ではネットでも無料で、
メーカーや、品番を入力して、
簡単に相場を教えてくれるサイトなどもあり、
いろんな業者と比較もできます。



①メーカー名の確認

 まずは、ピアノの鍵盤のすぐ上に書いてある
メーカー名を見てください

有名なヤマハやカワイが人気のようで、
海外のものでも良いものは
高く買い取りしてもらえるようです。



②品番と製造番号

次に、アップライトの場合、ピアノ上部のフタを開けて、
右の金属フレームのどこかに
品番と製造番号があるのを確認
してみてください。

(金属部分を手で触らないように)
アルファベットと数字が見えると思います。

ペダルが2本なのか、3本かでも変わってきます。



③できる範囲の掃除を

その他には、
実際に買い取ってほしいピアノを査定してもらう場合に、
ほこりなどが目立ってしまうのは
査定額にも多少影響されるようなので、

きれいにしておきたいです。


壊れてしまっていたり、
ネズミや虫の被害がある場合でも、
そのことを隠したりせず、
査定してもらってみてください。


売る前に修理や調律はかえってお金がかかってしまいます。


 そして、購入した時についていた
説明書なども一緒に渡すと
いくらかプラスしてもらえることも
あります。

スポンサードリンク

業者さんの評判を事前確認

ネットの査定で、だいたいの相場を知った上で、
また、各業者の比較もし、
高く買い取ってもらえる業者というだけではなく、

ホームページや、
その業者の評判やクチコミなども調べると良い
ですね。


 実際に業者の方に査定してもらう前に、
査定の説明や、その他諸費用
(査定だけになった場合にかかる費用など)のことなども
しっかり聞いておくようにしましょう。


業者によっても、ピアノの使い道に違いがあって、
修理や、メンテナンスをして、
海外に売られることが多いです。

中にはどの国に行ったか
教えてくれる業者もあるようです。



 愛着のあるピアノですから
大切に扱ってもらえるところに買い取ってもらいたいですね。

 査定しても、金額がつかず、
無料や逆に引き取り料がかかってしまう場合には、
ネットオークションに出したり、ほしい人を探して譲ったり、
どこかに寄付を申し出てみては
いかがでしょうか。

b2c522633fdc990132177f86616f2954_s

●まとめ

自分にとって、愛着のあるピアノ。

でも弾く人がいなくなって、処分するのはもったいない。
置いておくことももったいない。

ピアノは電子ピアノとは違い、
まだどこかで役に立つかもしれません。


ネットでも品番などが分かれば、
いくらくらいで買い取ってもらえるか、
だいたいの相場がわかります。

大切に扱ってもらえるところに買い取ってもらえたら
ピアノを大切に処分できて、
お金も入って、嬉しいですね。

スポンサードリンク

 - ピアノ, ピアノ製品