色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

井の頭公園の桜の開花情報について。いつ頃花見ができるのか

井の頭公園の桜に開花情報についてと、
お花見スポットについてのお話をします。

テイクアウトをするのにオススメのお店のご紹介もします。

場所を取っていなくても
歩いて見るだけでもオススメの井の頭公園の桜の観賞も良いですね。

スポンサードリンク

●桜の開花情報

桜の開花は東京都ですと、
毎年開花が3月末、満開が4月初旬となっています。

井の頭公園の桜の開花も例年東京都の開花の時期とほぼ同じです。
4月初旬に行くのが、まず間違えはないようです。


桜の種類はしだれ桜、
八重桜など合計500本ほどとなっています。

雨風で散るのが早くなったり、寒の戻りで花寒だったり、暖かい春だったり、
毎年違うかもしれませんが、厚着をして準備するほうが良いでしょう。


JRの吉祥寺駅の南口を利用するか
京王井の頭線の井の頭公園駅になります。

京王井の頭線の「井の頭公園駅」は普段は各駅停車しか止まらないのですが、
桜の開花時期になると急行が止まるように設定してくれます。



京王井の頭線の「井の頭公園駅」から歩きながら見る桜もとても良いのですが
・・・と言いたいのですが、
あまりマナーも良くない上、歩くスペースが少なかったことを覚えています。

行かれる皆さんは
マナーを守った行動をして頂きたいと思いますし、
トラブルなど起こされないようお気を付け下さい。

スポンサードリンク

●お花見スポットについて

とても広い公園ですので、
桜の時期は公園内のほか動物園内でも
お花見はどこでもできます。

動物園内で子供と一緒にお弁当を食べながらのお花見も
季節を感じさせてあげるよい機会となりました。


京王井の頭線の井の頭公園駅から桜もたくさんあるので
かなりの混雑です。

遅くても朝の8時には来ないと場所が取れないようです。
夜は22時までと条例で決まっています。



井の頭公園駅から歩いていると、段々池が近づいてきて、
風情もあり、野外ステージ付近も賑わっています。

七井橋という橋から見たり、ボート付近から見たり、ボートに乗って見たり、
池の相乗効果で桜がとてもキレイに感じられます。


井の頭公園は夜のライトアップはしていないのですが、
防犯効果等のための通常の街灯が桜を照らし出してくれて、
夜でもライトアップされているかのように池に映るのでとてもキレイです。

     

テイクアウトでご飯を食べる場合

お花見は火器は禁止となっています。
テイクアウトを持っていく場合、井の頭公園駅には大きなお店がありませんが、
吉祥寺駅を利用すると良いでしょう。

キラリナ吉祥寺
武蔵野市吉祥寺南町2丁目1-25

アトレ吉祥寺
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目1-24

ケーニッヒ 吉祥寺公園口店(フランクフルトとソーセージ)
武蔵野市吉祥寺南町1-17-10

いせや 公園店(焼鳥)
武蔵野市吉祥寺南町1-15-8

などで購入するのがオススメです。
そのほか南口には
丸井、ドン・キホーテ、スターバックス、ドトールコ-ヒー、マクドナルト、パン屋さん
などもあります。


中に店がない分、
周りに食べ物屋さんが充実していますね。

公園自体も広いので、
何度行っても違う体験ができ
違う食べ物にすることができるので
中々飽きないスポットと言えます。




●まとめ

桜の開花は東京都ですと、
毎年開花が3月末、満開が4月初旬となります。


京王井の頭線の井の頭公園駅からはかなりの混雑が予想されます。

是非、時間に余裕をもって行くようにしてください。

スポンサードリンク

 - 東京