色んなレビューサイト

子育て・病気・ピアノなど、いろんなことを書いています。

大阪城ホールのキャパ数ってどれくらい?良い席を確保するために

大阪城ホールは、
他のコンサートホールとはステージや、
座席が少し違う
ようです。

どう違うのか、私なりに調べてみました。

スポンサードリンク

●大阪城ホールの座席数

大阪城ホールは、
毎年そこだけの特別なイベントもあるほど、
人気のホールです。


最大収容人数は16000人
(アリーナ席4500人、客席9000人、立見席2500人)
 コンサートなどのイベントごとにステージ設定が変わり、
座席配置もその都度変わるのでキャパ数も違ってきます。


ステージパターン

 ステージパターンは3種類あります。

 パターンA
ゆとりを持たせて
最大6200人
(1階 アリーナ席2500人、2階 スタンド席3700人)
まで収容でき、コンサートや式典に最適です。

 Aは、ステージが楕円形の横長に設置されて、
どの席からも見やすくなります。

 パターンB
大規模なコンサートや式典に最適で、
最大11200人
(アリーナ席4000人、スタンド席6500人、2階最後部 立見700人)
収容できます。

 人気のコンサートなどはこのパターンが多いです。

 Bは縦長の隅がステージになり、
死角ができてしまったり、
スタンド席の正面がステージから遠くなったりします。

パターンC
センターステージのレイアウトで、
ボクシング、レスリングなどのスポーツイベントの開催に適していて、
コンサートにも使われます。

16000人
(アリーナ席4500人、スタンド席9000人、立見2500人)
収容可能なパターンです。



余談ですが、
私が以前、「1万人の第九」コンサートに
参加させていただいた時のステージパターンはCだったと思われます。

スタンド席に合唱団が
ズラーっと白のシャツ黒のスカート(ズボン)で統一されて、
アリーナ席の一部が観客席でした。

まさにホール丸ごと「大歓喜の歌」ですごい迫力でした。



このように、
ステージパターンをコンサートや
スポーツのイベントごとに変化させていた
のですね。

 他にも、会場の都合や演出の関係でも
座席の変化がある場合があります。



どの席で観るのが良いのか悪いのかもステージパターンや、
そのイベントの演出を事前に知っておきたいですね。

 大阪城ホールの場合、コンサートによって、
ステージパターンを公開してくれることがありますので、
確認しておきましょう。

スポンサードリンク

●良い席を確実に取るには


まずはステージパターンを知ろう

 大阪城ホールの場合、
ステージの違いでどの座席が良い席かが違います。

 まずは、そのイベントの
ステージパターンを知ってから、決めたい
ところですね。


 ステージに近いほど、よく見えて、
よく聞こえると思いがちですが、
近くても真横だったり、真後ろだったりする場合もあって、

見えない部分があったり、
一部の音だけが大きく聞こえてしまったりする場合もあります。


 あるいは、アリーナ席でも
大阪城のアリーナは広く後ろの方では見えにくく、
スタンド席の方がよい場合があります。



どこにいても音はよく聞こえる

 音に関しては、
多目的のアリーナ型、大型施設として理想的で
不自然な反響が少ない設計になっています。

そのため、
どの席でも、必要な音がよく聞こえます。



アーチストを近くで見たいなら

 コンサートライブなどでは、
そのアーチストの顔が見える席が理想でしょうか?

 せっかく好きなアーチストに直接会える機会なのに、
ステージから遠く、スクリーンでしか顔が見えなかったら残念ですね。



 アリーナ席なら真ん中の方、
スタンド席なら前の方で、
ステージからの位置は要確認です。


コンサートによって、座席の値段が違うこともありますよね。

 この場合は主催者側が良い席と判断した席に
高い値段をつけて、
良い席でない席には安い値段にしているってことですよね。


 イベントによっても変わってくるので、
そういったことも事前に調べておきたいですね。



「先行販売」や「先行予約」について

チケット購入での「先行販売」や「先行予約」
というのをたまに聞きます。
 
これは、一般に先駆けて、
販売するということで、
座席の場所が先行して良い!というのではありません。


一般に先駆けていても
一般販売の当日でなかなか電話(ネット)がつながらないとか、
よりも比較的手に入れやすいということです。

先行のメリットがあるのかどうかも考えてしまいますね。



人気のイベントではチケットを入手するだけでも大変です。

 どんな席でもチケットが買えればラッキー!
と思って会場の雰囲気をたっぷり味わって、
たっぷり楽しんでいただきたいと思います。

スポンサードリンク

●まとめ

 最高で1万6千人が入る大阪城ホール。

 他のホールとは違い、
イベントごとにステージが変わるようになっています。

 ステージが変わると、
良い席も違ってくるので、
ステージパターンを知ってからチケットを購入するようにしたいですね。


 ゆとりのパターンAなら、
アリーナ席でもスタンド席でもよく見えて、
ステージの真後ろでなければどこでもオススメです。


 ほとんどの場合はパターンBと言われています。

 楕円形を縦長に観るため、
スタンド席ではステージ正面が遠いです。

アリーナ席でも後ろの方はよく見えないほどだと思います。


 イベントによって良い席も違い、
チケットの購入方法も違うので、
確実に良い席を確保できる保証はなさそうです。


 運よく?人気のイベントに参加できれば
それだけで「ラッキー」と思って、
大阪城のイベントをたっぷり楽しんでいただきたいです。

スポンサードリンク

 - イベント